軟骨を保つ「コンドロイチン」

  • 投稿日:
  • by

<p>一概にはいえませんが体内で合成される、グルコサミンの総量が段々と減っていくと、体の軟骨と摩耗と生産のバランスが上手くいかず、クッションの役目をする軟骨がだんだんと摩耗されていくことになるのです。<br />
もしコンドロイチンが少なくなると、あらゆる筋肉の柔軟性が衰退したり、それぞれの関節部位の仕事のひとつクッションの作用が消失してしまいます。それに伴って、つなぎ目の骨の衝突が直に伝播されます。<br />
このご時世の生活習慣の複層化によって、偏食に偏りがちな食生活を送らざるをえない人々に、消耗した栄養素を補給し、元気の要である体調の保全と伸張に力を発揮することを実現するのが、いわゆる健康食品になるのです。<br />
コエンザイムQ10に関しては、昔は医薬品として活用されていたこともあって、機能性食品にも医師の許可の必要な医薬品と相似した高水準の安全性と有効成分の効きめが注目されている面は否定できません。<br />
お風呂への入り方でも、生じてくる疲労回復効果に大幅な違いが発生することも、知っておくべきでしょうね。肉体を休養ムードにガイドするためにも、沐浴の温度くらいが適切です。</p>
<p>軟骨を保つ「コンドロイチン」という呼び名を人間が初めて知る機会となったのは、近頃多くの人が患っている、ズキズキする関節炎の消滅に効くらしいと囁かれるようになってからだった気がします。<br />
職場から疲れて家に帰った後にも、うどんなど炭水化物の多い夜食を食しながら、精製糖入りのコーヒーやティーを飲み干すと、肉体の疲労回復に効き目を示してくれます。<br />
つまるところ基礎栄養成分の情報を身につけることで、いやが上にも健康に繋がる各種栄養成分の獲得をする方が、最後には適切かもしれないと思います。<br />
豊富なセサミンを内包している素材であるゴマですが、食事ではそのゴマをじかにお茶碗の白飯にふりかけたりして頬張るのも当然ながらたまらないおいしさで、見事なゴマの風味を満喫しながらお食事することは十分可能です。<br />
如何せん骨と骨が当たる部位において、それぞれがぶつからないようクッションの役割をする、必要不可欠な軟骨が損傷していると少しずつ痛みが生じてしまうので、スムーズに軟骨を作り出してくれるための節々サポート機能のあるグルコサミンを、摂り込むことは良いことです。</p>
<p>いわゆるグルコサミンは関節痛の発生しない状況を保持する効き目がある他にも、血液中の血小板の凝固作用を防止する、つまり状況としては体内を巡る血の流れを良くし、淀んだ血液をサラサラにするということが得られる可能性があります。<br />最近は中性脂肪も気になりますね。。どうにかしなくてはといろいろ生活習慣のも直しをしていますが、きなり 中性脂肪によさそうなので購入してのんでみました。
実際セサミンを、ちいさなゴマから毎日の必須量を経口摂取するのは大変なため、薬局などで手に入るサプリ等を定期購入して、しっかりと十分摂っていくことが難しくなくなりました。<br />
普通サプリメントのよくある選択法は、普通の食生活では補充できていないと考えられる不足しがちな栄養成分を、加えたい場合と身体的バランスや能力を整えたいケースに、大まかに分類されるといえます。<br />
実にビフィズス菌は、体内のお腹に存在していますがそこで有害となっている悪い菌が増えるのを抑制し、お腹の機能を活発化する作用がありますが、残念なことに酸に対する抵抗力がほとんどなく、元気なまま腸まで送り届けることは困難だと思われています。<br />
少子高齢化の進む昨今、健康食品は、調剤薬局やドラッグストアといった対面販売だけでなく、いつものスーパーマーケットや便利なコンビニエンスストアなどでも売られていて、購入者のそれぞれの希望で容易に手に入れられます。
</p>

3年前までワキのムダ毛に悩んでいましたが、今はツルツルのワキになったので、そんな悩みが昔のことのように思えます。もし、今ワキのムダ毛に悩んでいる方がいるならば、声を大きくして「早く脱毛サロンへ通った方が良いよ!」とお伝えしたい気持ちです。

上で書いた通り、私も3年前まではムダ毛に悩んでいて、毎日のように毛抜きで毛を抜いていました。自己処理を繰り返すと、色素沈着で黒ずんでいくワキ。そして、毛抜きで抜くと埋没毛もたくさん増えてきて、腕を上げるとポツポツとしてお世辞にもキレイなワキと言える状態ではありませんでした。

そんな時に、価格のリーズナブルな脱毛サロンを見つけて通い始めて3年経ちましたが、今ではツルツルのワキに、悩んでいた色素沈着も自己処理を行わなくなってから目立つことが無くなりました。

今では、勧誘もなく安い金額で永久的に生えてこなくなるまで施術してくれる脱毛サロンが増えたと思います。もし、自己処理をしていて悲しい気持ちになっている方が居れば、早いうちに脱毛サロンへ行くことをオススメします。

キレイなワキを目指しているなら、自己処理ではなかなかキレイにすることが出来ないのが事実だと、身をもって経験をしたので、ムダ毛に悩んでいる方がいるならば、絶対に!脱毛サロンをオススメします。 

健康街道に入りました

  • 投稿日:
  • by

気がつけば、20代後半にさしかかり、思うように身体が動かない、前日の疲れがなかなか取れないなど、いや~な身体の変化が身にしみてきています。

会社で最年少のくせに、一人だけ健康診断に引っ掛かる始末で、情けないです。



私の亡くなった父は不健康そのもので、格好いいものではありませんでした。

お腹が出たみっともない中年にはなりたくありません。格好よくダンディに歳を重ねたいものです。



そこで、ここ数カ月は健康を意識が芽生え、早寝早起き、野菜と魚をしっかり摂る、ランニングを始めました。

夜は23時までにはベッドに入り、朝は6時を目安に起床し、夕食で必ずサラダをとったり、セブンイレブンで焼き魚を買ったり、週三日は近所の川沿いをランニングしています!

あとは、プライベートでも、職場でもため息をつかずに、できる限り笑顔でいることを心がけています。笑うとストレス解消になる......はずです。



その効果がでてきたのか、朝すんなり起きることができるようになり、日中眠くなることはなくなり、こころなしかニキビができにくくなった気がします。

短期間でも効果が見えてきているので、更なる健康体を目指し、ジムに通うことを考えています。

しかし、ジムに通うとなると、経験上あまり長く続いたことがないのです......。

モチベーションを保ち、長く通える方法ってないのでしょうか?



あとは、最近料理をさぼり気味なので、野菜を摂るために、15種類くらいの野菜を使ったピクルスでも作ろうと考えています。



今年は、私にとって健康元年です。

来年の今頃は、健康野郎になっているに違いありません。

トマトとキュウリにさようなら

  • 投稿日:
  • by

最近めっきり涼しくなってきました。野外作業をすれば相変わらず汗は出ますが、夏から秋へ確実に変わっています。そして食卓に出る食べ物も変わってきました。夏野菜ももう終わりですね。



夏の間は家庭菜園で育てたトマトやキュウリが、これでもかと思うほど毎日食卓に上っていました。特に朝は取り立てのトマトやキュウリをバリバリ食べていました。家庭で食べるだけしか作らないのですが、シーズン中はけっこうすくすく育ちたくさん実をつけてくれます。



毎日家で野菜が取れる時期には、スーパーで野菜を見ても鮮度が落ちているのが見えてしまいます。でもこれからしばらくは買うことになりそうです。家でたくさん取れているときには、またトマトか、とかまたキュウリばかり、といわれることがよくありました。しかし取れなくなった今では、ごはん代わりのようにかじっていたトマトやキュウリはいずこへ?という感じです。枯れてしまった夏野菜の木はすでに抜かれてしまいました。この次は何を植えようかとただいま計画中です。



正直いって夏の食卓はトマトとキュウリを出しておけば見た目だけでもきれいで良いものです。赤と緑の組み合わせが食欲をそそります。サラダとして生のまま出せますから簡単。またちょっと地味なナスは煮たり焼いたりして楽しめます。カボチャにおいては今もまだいくつか保存してあります。トマトやキュウリと違って日持ちがしますから便利です。





夏野菜はほとんど終わり、冬野菜にはまだ早い今の時期は、わが家の家庭菜園は寂しい限りです。もう少しいろんな野菜を育てるようにしたいのですがまだ未熟でして。もうトマトもキュウリも、来夏まではほとんど我が家の食卓には上りません。もちろん今では一年中スーパーに行けば買うことができますが、私は美容と健康のためにも旬の野菜に少しだけですがこだわりたいのです。ですからつい最近トマトとキュウリとはもうお別れとなりました。

6月の最終日

  • 投稿日:
  • by

 5月が終わって6月に入った......と思いきやすでに6月の最終日、6月30日になった。おおげさに聞こえるかもしれないが、この一月はあまりにも急速に流れ去っていった、そのような感じがした。

 月の最終日となると、やはりこの一月になにがあったのだろうと、振り返ってみたくなる。このようにあっという間に過ぎ去ってしまった一月なら、さらにどのように過ごしたのかを考えてみたくなる。

 まず、フランス菓子屋さんでのアルバイトを辞めてしまったこと。個人の社会経験の不足、そして推測ではあるが店のオーナーとの相性も悪かったところがあったのだろう、考えて考えた結果、辞めることにした。

 そして新しいアルバイトを始めた。今回の仕事は、高速道路のサービスエリアでの仕事だ。売店と厨房の二種類の仕事があるが、私は厨房の方を選んだ。販売の仕事ならフランス菓子屋でやっていたので、一味違う仕事を試して見たいと思ったのだ。今は皿洗い、及び面とうどんを茹でている。これからはラーメンも作れるようになるだろう。少しづつ学んでいく。

 月末になって、クラスメートと生活について色々話し手いる中、自分の努力があまりにも足りないということを発見。スケジュールをたてなおし、新しい自分を目指す。

 7月末の自分は、今の自分よりもっと成長しているといいな。

台湾の料理は美味しい!

  • 投稿日:
  • by

今年のゴールデンウィークには台湾旅行に行ってきました。

家族で行く初めての海外旅行だったのですが、台湾はとってもいいところでした。



まず、料理がおいしいです。

どれもシナモンがきかせてるのが気になりますが。笑

でも、台湾独特の水分をたっぷり含んだ重たい空気にシナモンを利かせた料理はぴったりでした。

湿度がとっても高くて途中から食欲が一気に減退するんですが、

シナモンの香辛料のおかげで食べ始めるとけっこういけます。



台湾は日本よりも物価が低いので何を食べてもお得感があります。

味付けもアジア人好みで韓国料理のように辛くもないので食べやすいです。

物価は日本の3分の2くらいの価格という印象です。

なので現地の人にとってちょっと高級店が日本人にとっては普通の値段だったりします。

また、そういったお店は中国語の他に若干ですが日本語を話せたり、

日本語オーケーなスタッフがいるので注文を取るのにも困りません。

ちょっとしたお洒落なスポットでも日本と同じくらいの金額で食べることができるので

地元の人たちが食堂代わりにしている夜市に行くととんでもなく安い値段で食事をすることができます。



青梗菜の炒め物で50円とかほんとびっくり価格です。

一食だいたい200円くらいですんじゃったりします。

そういうお店では年配の方が片言の日本語で対応してくれます。



歴史的にみても若い人よりも年配の人のほうが日本語を知っている率は高いそうです。

「オイシイヨー」「イラッシャイー」と声を掛けられますし、

なんだか昔の日本にタイムスリップしたみたいな懐かしさが台湾にはあります。

最近、ムダ毛処理を始めました。

  • 投稿日:
  • by

わたしは男性なのですが、実は今まで自分のムダ毛に対してあまり関心がなかったのです。

なので、当然、ムダ毛処理に対しても関心も低く、気になった時にはやってはいましたが、基本的に一切しないという感じでした。

しかし、ある時、外出中に自分の手の甲に生えていたムダ毛が急に気になり始めたのです。

具体的に言えば、手の甲の白さとそこに生えているムダ毛の黒さの対比が気になり始めたのです。

そして、自分ですらこんなに気になっていると言う事は、他の人から見るとかなり気になるものではないのかと思い当たったのです。

それ以来、ムダ毛処理に気を使う様になりました。

まあ、と言っても男性のやるムダ毛処理です。

女性のそれとは違い、所詮は初歩的なものに過ぎません。

具体的に言えば、100円ショップで毛抜を買ってきて、それを使って気になった箇所のムダ毛を一本、一本、抜いていっているだけです。

これ、ご想像通りとても面倒ですし、時間もかかります。

おまけにせっかくやっても、すぐにムダ毛が復活してしまいます。

しかも、その復活に気が付くのは必ず外出中なのです。

正直、こんな経験をすると様々な脱毛グッズが販売されている女性のことが羨ましくなってくることもあります。

しかし、女性向け脱毛グッズが豊富にあるという事は、女性にかかっている脱毛をしなくては女性ではないとのプレッシャーの強さの表れでもありますから、それを考えれば今のままでいいやと言った感じです。

太ももから見えるムダ毛

  • 投稿日:
  • by
私の学生時代の体操着はブルマでした。

今ではハーフパンツのところが多いと思いますが、ブルマだった頃は、太もものムダ毛がすごく気になり、友達からも指摘されていました。



確かに私の太もものムダ毛はすごく毛深いんです。

そして、太ももが太いほうだったので広範囲で毛深い足をしています。

内ももよりも外ももの方が毛深く、体育の時間がすごく憂鬱でした。



かみそりでそると、ツンツンとした毛が広範囲に生えてきてすごく気になるので、毛抜きで抜こうとも思ったのですが、すごく気の遠くなる作業だなと思いました。

ためしにとガムテープを貼って思い切りはがしてみましたが、すごい数の毛が抜けて感動しました。

でも、それと同時に後悔もしました。

皮膚が思いきりめくれるといったことがあり、すごく痛かったです。

真っ赤になったので消毒をしてしばらく様子を見ました。

次の日にはひりひりと痛くなり、数日立つとかさぶたのようになっていました。



ガムテープは粘着力が強いので毛だけではなく、皮膚までくっついてしまいます。

よく罰ゲームでする人もいますが、気をつけないといけませんね。

というか、しないほうがいいなとすごく反省しました。



そしてやはり脱毛方法はかみそりかなとも思いました。

薄毛といわれているが本当に自分は薄毛か

  • 投稿日:
  • by

僕は最近、髪が薄くなってることに関して悩みがある。悩みというほど深くは考えてないのだが、他人からよく言われるようになって気になりはじめた。言われるようになったのは自分がまだ小さいころだったので、まだ信じてはいなかったのだが、やはり年々歳を追うごとに自分の薄毛は本当のことなのではないかと思うようになってきた。

実際、自分で見た感じでは薄毛だとは感じられない。他人の薄毛の人を見るとやはり自分よりも事態が悪そうに見えるからだ。

信じては無いが、友人がよく僕の髪を薄いというのは「頭頂部」と「おでこ」だ。まず、頭頂部の毛が少ないといわれるのだが、そんなことはなくただ単につむじが広いだけだと思う。次におでこが広いといわれることだが、これは確かに小さいころと比べると広くなったと思う。だが、前髪を下ろしてしまえばあまり気にならないと思う。ただ大きい風が吹いたときは前髪を押さえることもある。

だから、自分では髪の毛が薄いとは思わないが、やはり友達などに言われると気にしてしまうこともある。ただ、気にしすぎると本当にハゲてしまうこともあるので、これからはあまり気にしないことにしようかとも思う。また、これから将来のためにもシャンプーや、髪のケアもやってみようかと思う。

シミとそばかす

  • 投稿日:
  • by

シミとそばかすそれは、私の顔にももちろんあるのですが、気になるのはそれよりもお風呂です。

今日もお風呂を出ようとしたら、目に飛び込んできたのがお風呂のシミとそばかす...つまり黒いカビです。

気がつかなければ、そのままスルーしたのにたまたま目についてしまったのです。

もっと途中に気が付けばこんな寒い思いもしないのにと思いつつ、いくつかのシミとそばかすをやつけました。

家のお風呂の壁はタイルではなく、説明が難しいのですが、鮫肌のような壁(笑)

ツルツルでもなくて、鮫肌という表現がまさにピッタリ

そこに油断をすると、黒いそばかすさんがちが仲良くならんでいます。

それでも、私には強い味方がいます。

白いメラミンスポンジというものです。

このメラミンスポンジは私はよく100円ショップで買ってきますが、このメラミン君に出会ってから人生が変わりました。

とても大げさですが、本当にそうなんです。

軽い力で洗剤なしで、なんて書いてあって100円だからそんなに迷いもなく買ったのですが、家のカビをするすると撃退。

本当に目からウロコでした。

以来メラミン君がいるので、お風呂のシミとそばかすもちっとも怖くないのですが、それでも久しぶりに目を背けていた場所にシミとそばかすを発見すると、貧血でもないのにクラクラってしますね。

今日もお風呂の上がり際に、シミそばかすを発見したので、湯冷めしそうでした。